自己破産したらどうなるの?【知っておきたい自己破産の基礎知識】

自己破産したらどうなるの?【知っておきたい自己破産の基礎知識】

自己破産したらどうなるの?【知っておきたい自己破産の基礎知識】

一人では抱えきれないような借金を作ってしまったときなど、もう自分の人生は終わったなどと途方に暮れてしまうでしょう。
毎月の返済のために真面目にコツコツと節約生活をしていても、利息分だけが膨れ上がってしまい完済の目途が立たないというケースは珍しくはありません。
このように借金に苦しんでいるのなら人生を諦める前に自己破産の手続きを取ると、抱えているすべての借金を帳消しにできて新しい人生の再スタートを切ることができるのです。
しかし自己破産というと悪い印象が先行しがちなのですが、自己破産の手続きを行ってもデメリットはあまりありません。
自己破産したら信用情報機関に事故情報として登録されるので、一定の期間はローンが組めなかったり、クレジットカードが作れなくなります。
しかし事故情報に登録される期間は5年から7年程度ですので、その期間を過ぎれば新たにクレジットカードを作って融資を受けることが可能になります。
また、一度自己破産したら、破産後7年間は再び自己破産の手続きをすることができないといった点です。
自己破産したら選挙権を失ったり、会社をクビになったりと考える方もいますが、このようなことは一切ないので安心して良いでしょう。
また自己破産だけではなく、任意整理や個人再生などのさまざまな債務整理の手段もあるので、どうしても返済できないのなら借金問題に強い弁護士や司法書士に相談してみて詳しい説明を受けてみると良いでしょう。