自己破産の費用について教えて!※少しでも費用を抑えたいならココ

自己破産の費用について教えて!※少しでも費用を抑えたいならココ

自己破産の費用について教えて!※少しでも費用を抑えたいならココ

借金するだけして、返せなくなったら自己破産すれば借金が帳消しになるからいいや、などと考えている人はいないと思いますが、念の為に書いておくと、ギャンブルによる浪費や自己破産を前提とした意図的などがある場合、破産による免責が認められない場合があります。それともう一つ、自己破産には費用が必要だということです。
 では、その費用と「相場」はどのくらいなのでしょう。まずは裁判所に破産と免責申立をする印紙代が1,500円、予納切手代が3,000円?15,000円位です。切手代は、借金している相手の数によって違うので、このように金額に幅が出ます。
 そして、何と言っても最も大きいのが弁護士費用で、相場は20万円?40万円です。それに対して司法書士の費用の相場は15万円?30万円なので安くていいと考えるかもしれません。しかし、司法書士には裁判所に自己破産の申し立てをする訴訟代理権がないので、書類の作成しか手伝えず、申し立て自体は本人が行うことになってしまいます。破産手続の9割が弁護士によるものであるのはこのような事情があります。
 以上のように、弁護士がいてもこのように多くの費用が必要です。しかし、自己破産を考える人は、弁護士費用が出せない場合が少なくないでしょう。その場合は、各都道府県の「法テラス」に相談してみましょう。無料で相談が受けられますし、資金がない人を助ける目的で、弁護士費用を立て替えてくれる制度があります。